犬アレルギーの原因や症状や対処法について

突然アレルギーを発症

犬がいるところで目がかゆくなったり鼻水やくしゃみが出るなどの症状が出るようになり、自分が犬アレルギーであることが分かったという人も多いでしょう。飼い始めた当初は何ともなかったのに、突然アレルギーを発症してしまうということも大いに考えられます。また大好きなのにこれらの症状が出てしまうことから、つらくて飼えないという人もいるでしょう。
犬アレルギーの原因とされているものは現在7種類のものが報告されています。その中でもCan f1と呼ばれるものがアレルゲンとしてもっともよく知られているものです。これは犬を飼育している家庭であれば必ず検出されるといっていいほどのアレルゲンで、飼育していない家庭で検出される場合もあります。具体的に上げると被毛やフケ、唾液などに存在するもので、皮脂腺から分泌されるリポカリンというたんぱく質で構成されています。この物質は非常に微細であるため空気中に飛び散りやすく、原因の多くは被毛といわれていますが、正確には被毛に付着したほこりや花粉、フケなどのアレルゲンによって症状がひきおこされているといわれています。

 

 

アレルギーの発症した時の症状としては、軽い症状として咳や鼻水、くしゃみ、目の充血やかゆみ、皮膚の炎症やかゆみなどがあげられます。しかしいくら症状が軽いといっても、鼻水やくしゃみが止まらなかったり、こすり過ぎて真っ赤になるほどの目や皮膚のかゆみは非常につらいものです。これらは花粉症の人と症状が似ているとも言われていますが、症状が悪化することによりさらに重い症状へと進行する可能性もあり注意が必要です。さらに重い症状を発症すると下痢や呼吸困難、めまい、吐き気や嘔吐などの深刻な症状があらわれるようになります。特に呼吸困難については命の危険性もあるため、深刻な症状が現れた場合には早めに病院を受診する必要があるでしょう。https://av-19.com/sirouto/dxlive-coupon.html
これらの症状を抑えるための予防方法としては、まずは犬を飼う前に自分にアレルギーがあるかどうかを調べてもらうのが最適です。検査方法としては人間の皮膚の上にアレルゲンをたらして、その部分の皮膚を針で軽く刺し皮膚の中にアレルゲンを入れて反応を調べる皮膚テストや、少量の血液を採取してアレルゲンと反応させ抗体が検出されるかどうかを調べる血液検査などがあげられます。これらの検査は皮膚科や耳鼻科、内科などでも受けることができ、子供が受ける場合には小児科で相談してみると良いでしょう。

 

 

もしも飼い始めてから症状が現れてしまった場合には、軽い場合には部屋の中や犬の体を清潔に保つことで、症状を抑えられる可能性もあるでしょう。そのために毎日の部屋の掃除を徹底して行ったり、シャンプーやブラッシングを頻繁に行う、出入りできる部屋を制限するということも大切です。アレルギーに対する特効薬はなく、対処療法を用いて一時的に症状を抑えることになります。出た症状に合わせ薬で症状を抑える必要があるので、自分の症状や体質に合った薬を処方してもらうようにしましょう。