犬のアレルギーの原因で悩んだら

アレルギー性疾患をお持ちの愛犬

アレルギー性疾患をお持ちの場合には、悩み事は多いかもしれません。軽度な場合には食事ケアや軽い処置で済むこともありますが、中には愛犬の健康を脅かす大きなリスクとなるケースも見られます。人間と同様で犬にも、アレルギーを生じさせる色々な原因があるので気をつけたいものです。

 

犬にアレルギーと思われる症状が出た場合、その原因を調べるのは人間の場合と異なって大変な一面があります。人間の場合は食事内容が判りやすく、毎日違うメニューを食べますから、原因となる食べ物を特定しやすいです。逆に犬の場合は色々な食材を配合したドッグフードを食べているケースが多く、何の食材が原因なのか判らないケースが多くあります。

 

獣医では一応は血液検査なども可能ですが、確実に特定できるかと言えばそうではありません。ある程度絞り込んでいって、そこから根気よく調べていくことが大切になります。ドッグフードやおやつを変えてみて駄目でしたら、手作り食にして駄目な食材を探していくことが必要な場合もあるでしょう。

 

どの食材が駄目なのか虱潰しに探していくのは骨の折れる作業ですから、アレルギーを引き起こしやすい食品を確かめておくと良いでしょう。人間では卵などが高リスクですが、犬も同様にアレルゲンになりやすい食材があることが知られています。

 

最もリスクが高いとされるのは、実は牛肉

最もリスクが高いとされるのは、実は牛肉です。色々な情報がありますが、この牛肉が発症リスクが高いと示唆するものは多くありますので、症状が出た際にはこれを疑ってみるのも良いでしょう。次に乳製品や鶏肉と続き、小麦もリスクはやや高めとなります。これらに含まれるタンパク質などが影響しやすいと考えられているので、原因を特定するためには、まず、これらを除いて確かめてみるのも効率的かと思います。

 

ここで要注意なポイントですが、アレルギーを引き起こしている食材を見つけた場合でも油断は禁物です。一旦は症状が収まっていても、そこで油断して同じ食材ばかりを与えていると良くありません。今は大丈夫だとしても、繰り返し与えることでアレルゲンになってしまうケースがあるからです。フードを変えて治ったのに、また発症してフードを変え無くてはならない、と言う事を繰り返している方もあります。短期間に繰り返して同じ食材を与えたことで、アレルゲンとなっているケースが考えられますから、食事を上手くローテーションさせてあげることで、防いでいくと良いでしょう。

 

アレルゲンとなるのは食事に限ったことではありません。ハウスダストもリスクが高く、こちらはアトピーなどの皮膚疾患を引き起こすことがあります。この場合は塵や埃に含まれているダニやノミがトラブルを引き起こすので、気をつけてあげましょう。

 

アレルギーは他にも思いがけないもので引き起こることがあります。シャンプーや花粉と言ったものが原因となっていることもあり、他にも色々なものが挙げられます。中には特定が難しいケースもありますが、諦めないことが大切でしょう。